彫紙アートとは

HOME | 彫紙アートとは

彫紙アートとは・・・ 

   日本で生まれた紙を重ねて彫るユニークなアート

 
 

オリエンタルリリー

 
2000年に林敬三が考案した「彫紙アート®」。その技法は特許及び商標登録をもつ独特なアート技法です。重ねた色紙をアートナイフ1本で彫り込み、半立体的な作品を作りあげきます。世界一のファンシーペーパー王国である日本で生まれた彫紙アートは、世界で類を見ない日本発祥のアートです。この技法をわかりやすく伝えるため、「彫紙アート」と名付けました。彫る技術も大切ですが、アート表現が最も大切であるとの想いを込め、単に ”彫紙” ではなく ”彫紙アート” としました。
「彫紙アート」は使用する紙に制限や決まりはなく、手軽に作れる作品から、百枚以上の紙を使用した大作まで、さまざまな作品作りが可能です。「切り絵」との区別から、5枚以上のものが「彫紙アート」作品と認められます。

2012年には一般社団法人 日本彫紙アート協会(JCAA)が発足し、2017年に林敬三を代表とする一般社団法人 日本彫紙アート協会(JCA)へと変革しました。

特許技術をもつアート技法であることから、彫紙アートに携わるためにはJCAの入会が必要になります。また、彫紙アートを正しく伝えていくために、その指導はJCAに認定された公認彫紙アートインストラクター(CCI)にのみ許可されています。

 
 
img_1440.jpg絵を描く最初に彫紙アートのもとになる絵を描きます img_1385.jpg色をつける描いた絵に色をつけ配色します img_1395_20200813162329120.jpgナンバリング色ごとに紙を重ねる順番を考え、番号を付けます img_1397.jpg紙選びつけた色に合った色の紙を選び、番号順に重ねます img_1347.jpg紙を彫る番号の大きなところから順番に彫っていきます img_1359.jpg完成すべて彫り終えたら額装するために余計な部分をカットします img_1400.jpg額装額に入れて完成です

 【彫紙アートができるまでの6つの工程】

STEP1:絵を描く
  ↓
STEP2:彩色(色をつける)
  ↓
STEP3:ナンバリングし紙を重ねる順番を決定(下絵完成)
  ↓
STEP4:紙を選びセッティング
  ↓
STEP5:紙を彫る
  ↓
STEP6:完成&額装


はじめての方は、STEP4~6の工程が中心のCLP(彫紙アート・ラーニング・プログラム)レッスンで、彫紙アートの基礎である ”紙を彫る” 技術を習得していただきます。
KEIZO ARTクラス、マスター講座では、オリジナル作品を作るためのSTEP1~3の内容を中心にレッスンを行っています。CLPレッスンと並行して自由に受講することも可能です。